2011年07月06日

風と共に去りぬ

日曜日になりますが、帝国劇場に「風と共に去りぬ」を観に行きました。
今回は、運良くセンターブロックの最前列をGET出来ました。
DSCF1062.JPG

キャストは、米倉涼子さんと寺脇康文さんです。
米倉涼子さんは「CHICAGO」(日本語版)以来で、
寺脇康文さんは初めてで、
印象は「相棒」の亀山薫のイメージが強く
どんな演技を見せてくれるか楽しみにしていました。

帝国劇場が開場100周年
現在の劇場が開場されて45年
その時のオープニング公演が
「風と共に去りぬ」で5ヶ月+3カ月のロングラン公演を行われ
ミュージカル版も制作されたそうです。

今回は最前列で舞台との間のさえぎる物は無し
キャストの息使いも良く感じられます。

米倉涼子さんは「CHICAGO」(日本語版)ではミュージカルでの演技、
寺脇康文さんは「相棒」の演技とは違い
名作のイメージを壊さず新しい風と共に去りぬを確立したと思いました。

ロビーには
DSCF1058.JPG
スカーレットオハラー

DSCF1061.JPG
レットバトラー

DSCF1059.JPG

キャストのサイン
が飾ってました。

DSCF1064.JPG
映画のDVDが500円

DSCF1063.JPG
パンフレットを購入して来ました。

最前列で観て贅沢な感想怒られるかもですが、
100周年感謝デー公演だったのでキャストの挨拶が聞きたかったです。



ニックネーム ひー at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ひーのお出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2737035
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック