2012年01月05日

茶々丸日記お正月休み編

茶々丸クンのお正月休みの出来事です。

毎年ですが、茶々丸家で大晦日に我が家に来ます。
そこでお正月用の写真を撮影しました。
DSCF0103.JPG

DSCF0104.JPG

ここまでは平穏な時間が流れました。
十数時間後には悲劇が起きました。
以下茶々丸家のブログより

お父さんの実家に出かける為の準備をしていました。


その時、事件は発生しました。



茶々丸を抱いて遊んでいた息子の腕から・・・・・・何かか・・・・・落ちました。




ボキッ!と鈍い音が



・・・・・・ん?・・・・・・


ぎゃいん ぎゃいん ぎゃいん



煤S( ̄0 ̄;ノぎゃーーーーーーーー!!!!!


不自然に左前足が外側に曲がった茶々丸が悶絶して苦しんでました。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

大パニック!!!


動物病院に電話だ!!!


半べそ状態で市内の動物病院に電話をかけまくりました。

近隣の市や、果ては新潟市まで。。。

元旦と日が良すぎて どこも留守電か医師不在の為・・・と断り続けられ、

10件以上空振り(>_<)


時間は流れ 絶望感が漂いました。


もうどこもダメ 泣きながらそれでも電話に出てくれた市内の動物病院に再度電話。。。

「お願いです!なんとか応急処置だけでも・・・・」


神は降りてきました。特別に診てあげるという事ですっ飛んで行き、レントゲンを撮ってもらいました。

「やっぱり折れていますね。」

「正月休みがあけたら、早めに手術したほうがいいですね。」


・・・という事でテーピングでぐるぐるに固定してもらって帰宅してきました。


明けて1月2日に心配になり茶々丸家へ行きました。
茶々丸クンは喜んで吠える声も無く元気が有りません。
なんとか排泄だけは教えてくれたようなので
少し安心はしましたが、いつもの茶々丸クンでは有りません。
DSCF0124.JPG

1月3日になり
茶々丸クンの骨折の為、茶々丸家はお正月何処へも出掛けられなかったので、
我が家で数時間ですが、預かる事になりました。
この時点で昨日よりは少しだけ元気になりました。

t02200293_0720096011712042322.jpg

私に抱かれて寝たり
DSCF0141.JPG

母のお腹の上で寝てしまったりしています。
DSCF0142.JPG

高い所で景色を眺める茶々丸クン
DSCF0140.JPG

その後、不運が続きました。
執刀医の院長の身内に不幸があり、
今週いっぱい不在となるため、
手術の対応が出来なくなってしまいました。

別の病院を探しイヤミ的な事を言われ
手術をしないでギブスで固定して経過を見ましょうとの事
になりました。
身体もまだ小さく(体重1,2kg)、手術が負担になる

・骨折後3日経っていて、
既に血管等の自己修復が始まっていて手術でその血管を再度傷つけたくない

・手術の予定が入れられない(言われないけど、たぶん)

との事より、麻酔して痛くない様再度折れた箇所をしっかりギプスで固定して経過を見ましょうとの事になり、

病院に2日間預かって頂く事になりました。

元気になって走りまわる茶々丸クンの姿を1日も早く見たいと祈るばかりです。

ニックネーム ひー at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶々丸日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2998556
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック