2007年03月05日

ブロードウェイミーュジカルシカゴ

昨日、すずをお散歩させた後、
日生劇場にブロードウェイミーュジカルの
シカゴを観に行きましたわーい(嬉しい顔)
しかも、今回は、4回目の日本公演の千秋楽です。
数々の賞を受賞し、今回は10周年記念公演で、
半年前から、是非観たいと思っていたミーュジカルです。
開演前から、千秋楽だけ有り雰囲気が、
異常に違うのを感じます。
ストーリーは、ウ゛ォードビルのスターを夢見る女性が、
見捨てた愛人を殺し逮捕され、
悪徳敏腕弁護士を雇い正当防衛を仕立て上げて
マスコミを巻き込み悲劇のヒロインになるが、
新たな女性殺人犯が登場すると関心は、
そちらに移り実は妊娠していると嘘の衝撃の告白をし再び注目
されるその大芝居が成功し評決は無罪に、
ところが、その時点には、存在すら、
無関心になっていた…と言う物語で、
現在の日本にも有る?
報道から発掘される加害者で有っても、
毎日の様にタレント化され
TV等で放映されるワイドショー的な事も有ると感じました。
終演を向かえるにあたり勢いが余り
笛を落とすアクシデントが有り場内は、
大盛り上がりにになり
最後は、スタンディングオベーションになりました。
アンコールも終わり場内が明るくなっても拍手が止まず
所々帰りかけていた所場内が、一瞬暗転に…
キャストが、千秋楽なので、特別にと思ったら…、
元の明るさに…こうなったら、
残っている人達は、期待が高まり拍手が、
暫く止みません結局、
キャストは、登場しませんでしたが、
千秋楽なので、登場してくれれば、
もっと盛り上がったと感じました。
今回は、字幕スーパー付きのミーュジカルを観ましたが、
字幕をを追っているとキャストの演技が、
見にくく演技を追っていると字幕について行けないので、
演技と字幕を見る割合を替えないと、
目が非常に疲れる事に途中で感じました。
もうひとつ字幕スーパー付きのミーュジカルの
千秋楽のチケットをGETして有るので、
今後の参考になりました。
その後、上野のアメ横に寄って
すずのおやつを買った際に、
上野の山は、桜が咲いていました。桜
帰りの新幹線で、駅のキヨスクでしか売っていない
個人的な楽しみの400mlコーラを買い
Dsc02744.jpg
(個人的な楽しみにしている400mlコーラ)

今後最後になろう喫煙車の3人掛けの窓側の席乗車したら、
隣の2席に外人のカッブルが座り英語を聞きながら、
煙草とコーラを飲みながら家路へと向かいました。

Dsc02745.jpg
(写真は、シカゴのパンフレットの表紙)


Dsc02747.jpg
(写真は、シカゴのパンフレットの裏表紙)

ニックネーム ひー at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ひーのお出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

維新回天・竜馬伝! ザ・クラッシック

普段は、日曜日にミュージカルを観に行きますが、
本日は、特別に久々にファントム以来、
宝塚に「維新回天・竜馬伝! ザ・クラッシック」
を観に行きました。わーい(嬉しい顔)
実は、この公演のチケットが、
NTTのフレッツサイトで、当選したのです。
もちろん、当選したのでタダです。
15:30開演だったのですが、
1時間ほど会社に顔を出し、
色々な事が重なり、親戚の所へも顔を出して、
新幹線新幹線に飛び乗り東京へ向かいました。
3連休の初日、出掛ける人達で、新幹線は満席でした。
本当は、余裕を持って、
少し寄りたい場所も有ったのですが、
時間が有りません。
どうしても行きたい場所、
それは、以前ブログでも書きましたが、
すずの迷子札が、無くなってしまったので、
以前作ったデザインと同じものを作製申し込みをしに
上野のペットショップに行きました。
値段は、少し高いですが、
私のお気に入りだったので、
是非、すずに付けさせなければと思い
近くでも作れますが、
東京まで行き作製してもらいに行ったのです。
注文の手続きを済ませ、急いで、宝塚劇場へ向かいました。
この公演は、NTTの貸切公演なので、
会場の雰囲気が、いつもと違い男性の数が、多く
宝塚は、初めてと言った人も多かった様に思います。
何回か東京宝塚劇場に行ってますが、
男性トイレで、
休憩時間に列んだのは、初めてです。
普段の公演と違い貸切公演なので、
司会の人がいたり
宙組トップスターの貴城けいさんの挨拶が、
特別に有りました。
まずは維新回天・竜馬伝!ですが、
坂本龍馬の物語で、舞台は、幕末での物語なので、
学生時代に歴史で勉強した内容に沿って物語は、進みます。
舞台場(場面)が、始まる前から、
様々な場所に変わると思っていましたが、
舞台右手にその土地の場所が、表示されるので、
判りやすかったです。
私の中で、キャッツ・オベラ座の怪人・
ファントム・エリザベートなど
最近観賞したミュージカルの舞台は、
外国と言った変な固定観念が出来てしまったのですが、
この舞台は、そんな事は有りませんでした。
私が、興味を学生時代に持った
坂本龍馬だったからでしょうか?
休憩を挟み次の幕は ザ・クラッシックで、
宝塚定番のレビューショーです。
ラインダンスやフィナーレの大階段の
華やかなシーンになるとやっぱり宝塚はいいな〜と思います。
なんど観てもよいものです。
今回は、入り口の自動演奏ピアノで、
『すみれの花咲く頃〜♪』
と演奏していました。
これだから宝塚は止めないと思います。
是非、観てた事の無い人は、
騙されたと思って観て下さい。
食事をして、帰りの新幹線に飛び乗りの車内は、
いつもの帰りの風景です。
出掛けた先から家路へ戻る姿です。
少し違うのは、ディズニーランドからの家族連れが
少ない位で慌ただしい1日でした。
帰りの新幹線の中で、
ショックな事が一つ
3/18から新幹線車内で煙草が吸えなくなる事です。禁煙
帰りの新幹線の車内で、
キヨスクにしか売っていない
400ogのコーラを飲みながら、
煙草を吸い公演パンフレットを見ながら、
帰るのが隠れた楽しみだったのに…残念
次回からそれが出来ないと思ったら…
セーフで、次回は、最後の楽しみになってしまいます。
帰って来たら、すずが、ゴハンを残していました。
家中この2・3日忙しかったので、
すずと十分に遊んであげられなかったので、
淋しがっていたみたいなので、
明日は、ハイブへ一緒にお散歩です。ダッシュ(走り出すさま)
Dsc02635.jpg
(写真は公演パンフレット)

ニックネーム ひー at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ひーのお出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

タイタニック

しばしの休息を挟みコンタクトに続いて観賞したのは、
映画でも話題になった。
タイタニックを
東京国際フォーラムCホールへ見に行きました。
SOPHIAのボーカル松岡充さんや
ミュージカル初出演の森口博子さんなどが出演しています。
結末は、見る前から知っているので、
船が沈没するまでの情景やを人間模様どう表現するのかが、
興味がありました。
まず私が、勘違いしていたのは、
映画でのレオナルド・ディカプリオが演じたあの有名なシーンが、
船首でのイメージが有りパンフレットを読むまで
沈没し始めたのは船尾からではなく船首からだと事です。
映画と舞台の2つタイタニックは、
映画が、フィクションのラブストーリーに対し
舞台は乗船者の実際に起こった出来事であり、
氷山衝突の瞬間までの一等から三等乗客の等級差別の無い
素晴らしい時間を境目に大惨事の悲劇へ
その中でも人間の素晴らしさや勇気や愛情に感動します。
現在にも私達の回りに無いとは言えない大惨事などには、
付き物のモラルの低下や
利益優先主の不祥事義も顕著に表していると思います。
それと出演者に関して2点程、
思った事が有ります。
森口博子さんはもっとミュージカルの勉強をすれば、
主演も出来る気がします。
コミカルからシリアスな場面も持っている才能でこなせて、
今回の舞台を見て彼女に対するイメージが変わりました。
今回のミュージカル出演は、
確か亡った友人で有った本田美奈子さんへの思いも有り
出演したと勝手に思ってしまいました。
今後の舞台の活動に期待したいと思います。
もう1人は船長役を演じた宝田明さんですが、終わってから、
会場楽屋口近くのレストランで食事をしていたら、
一緒に出て来た人の肩を借りて楽屋から出て来た人がいました。
足を引いて見るからに歩くのが辛そうでした。
よく見ると宝田明さんでした。
舞台上ではセットの上下に登場し、
歩くのが辛そうには全く見せない姿に、
思わず、流石!プロ!と言葉が出ました。
一日の2本のミュージカルの内容を思い食事をしていると、
最終の新幹線の発車15分前
そこから新幹線ホームへ向かって走る×2
ホームに到着したのは、発車5分前で、
喉が渇き飲み物を買って新幹線に乗り込み帰宅しました。
Dsc02601.jpg

ニックネーム ひー at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひーのお出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

コンタクト

昨日、すずとお散歩に行った後、
新幹線に飛び乗って四季劇場「秋」へ
コンタクトを見に行きました。
四季劇場「秋」へは、異国の丘以来で、
隣の四季劇場「春」上演のライオンキングのが同じでしたが、
設備保守点検中で休演中だったので、
人は、キャパシティイ位は、少なかったと思います。
上演内容は、時代の違う3部構成され歌の無いミュージカルで、
少量の台詞とダンスのみで、物語が進んで行きます。
全編でのテーマとしてスイングも有る事も付け加えて置きます。
Part1は、
18世紀ヤサ男の貴族が
女性を口説こうとしている場面から始まり
野性的な召し使いが、ブランコを揺らしていて
気の無い女は、ヤサ男に酒を取りに行かせ、
その間にブランコの上でのエロティック的なダンスで
けしてボルノ的に見えないのが、見所でしょうか
Part2は、
50年代のまあり高級とは言えない
ビュッフェスタイルのイタリアンレストランで、
威圧的な夫と夫の機嫌を損ねないかと
ビクビクしている妻の物語で、夫が、
席を立つ度に妻は夢の世界へ入って行き
自由を求めて解放されたいと言う気持ちが感じられました。
Part3は、
現在のニューヨークで
地位も名誉も手に入れた若い広告代理店の青年が生活に疲れ
仕事に追われて生きる虚しさに自殺を図ろうとしますが、
一度バーで見掛けた魅力的な女性に引かれ
ぶざまでも触れ合う(コンタクト)を止めないで、行く物語です。
私も全3編を見て、人との触れ合うコンタクトの重要さを感じました。
普通であれば、ここで帰路に着くのですが、
人生初のミュージカルのダブルヘッターの為に、
浜松町駅から有楽町駅へダッシュ(走り出すさま)
Dsc02599.jpg

ニックネーム ひー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ひーのお出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

華麗なる宝塚の世界展

もう一つの目的は、
東急本店で行われている華麗なる宝塚の世界展に行く為です。
宝塚歌劇団の歴史やベルバラや
エリザベートなどの舞台衣装の展示があり
歴代のトップスターの写真も有りました。
意外と舞台衣装を真近で見ると
動きやすさを重視して制作してあるなと感じました。
やはり舞台の上で
スポットライトを浴びて生えるのが舞台衣装です。
会場でフィナーレで付ける羽を付けて
写真を撮影してくれるコーナーが有りましたが、
流石に今着ている服に羽を付けての撮影はその場にいると、
お願いしますとは言えませんでした。
男性でも撮影している人はいましたけど…ふらふら
Dsc02521.jpg

ニックネーム ひー at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ひーのお出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

エリザベート来日記念コンサート

昨日、新宿コマ劇場へ
エリザベート来日記念コンサートに行ってきました。
日本初演から11年で3〜4月に大阪で
ウィーンの舞台装置を可能な限り再現したオリジナル版
5月に東京でウィーンのフルキャスト・オーケストラによる
コンサート版を記念しての
宝塚OGとウィーンから主役と音楽の作曲と監督を迎え
トークと音楽の2部構成になったプレイベントです。カラオケ
2005年に宝塚版エリザベートを鑑賞し
感動した記憶が有るので、旋律を聞くだけで、
当時の主役の彩輝なおさんもいたので感動が蘇ってきました。
5月の公演が楽しみになって来ました。わーい(嬉しい顔)
本音は、大阪へ行きたいのですけど…
その後渋谷へ移動しもう一つの目的へ顔(イヒヒ)
続きは明日
Dsc02515.jpg
(写真は、公演パンフレット)
ニックネーム ひー at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ひーのお出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

紫式部物語

驚かれる方もいるかと思いますが、
今週末に東京の友人から、
急にチケットが手に入ったので、
紫式部物語を見ないか?と連絡が入り
急遽鑑賞に日生劇場に行く事になりました。
主演は、大地真央さんで、
共演に松田聖子さんの娘の神田沙也加さん
酒井真紀さん・いしのようこさん
上条恒彦です。
紫式部を取り巻く人々を面白おかしく、
歌も踊りも-------。
宮中を舞台に繰り広げる
完全無欠、波乱万丈の
痛快王朝ラブコメディー !
踊りを交えて行く舞台です。
流石に主演の大地真央さんは宝塚出身だけあり、
声は他の共演者とは、響き方が違いました。
これで、日比谷に有る主な劇場を制覇出来ました。
これから日生劇場で行う
ミュージカルのチケットをGETしてあるので、
劇場の参考になりました。
Dsc02363.jpg

ニックネーム ひー at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ひーのお出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

マリーアントワネット

昨日すずをお散歩させた後、
帝国劇場へマリーアントワネットを鑑賞に行きました。
前回のオベラ座の怪人に続き今回も最前列での鑑賞です。
東京の友人を誘って、行ったのですが、
チケットは私が持っていて、
私は、開演時間が、13:00と思っていましたが、
新幹線内新幹線の隣の人が、ツアーのチケットを見ていたので、
私も確認の意味で見たら、
ガ〜ンがく〜(落胆した顔)開場時間11:30開演12:00に気付き
新幹線は大宮駅手前で、
時間は、10:00過ぎ
そこから慌てて連絡を取り何とか開演に間に合いました。
昼の公演は、いつもの癖で、
13:00からだと思い込んでしまいました。たらーっ(汗)
帝国劇場の昼の公演は、12:30だったり
13:00だったりして、時間が違い、
今回は、12:00と様々で、
もし、この後の新幹線に乗車していたら
完全に開演時間に間に合わなかったと
一瞬血の気が引きました。顔(泣)
開演時間は、しっかり確認しなければと、思いました。
流石、数々の名作を上演している品格が有る帝国劇場で、
意外と売店で売っている飲み物が、
思ったより他の劇場よりお手頃だったのには、
私だけでしょうが、驚きました。
(ただし、レストランは、違いましたが、)
フランス革命の優雅な王室ルイ16世が、
首飾り事件をきっかけに長男の病死、
逃亡事件による逮捕、夫ルイ16世の処刑、
そしてマリーアントワネットの処刑と続き
次男が、死亡しても、親子一緒に埋葬されずに
次男の生存説が、流れ300年経過した2004年になって
残っていた毛髪や臓器によって
DNA鑑定により親子と確認されるほどの歴史の重みを感じました。
来年再演が東京と大阪で決定しています。
興味の有る人は是非ご覧になって下さい。わーい(嬉しい顔)
Dsc02264.jpg
(写真は、マリーアントワネットのパンフレット)
来年はレ・ミゼラブルの日本初演20周年記念公演も有ります。
私は、こちらを見たいと思っています。
それと帰りに上野アメ横のペットショッブ犬(笑)に立ち寄り
すずのおやつを買って帰って来ました。
Dsc02261.jpg
(すずへのお土産のおやつ)
この店おやつの掘り出し物が、有るので、お勧めしますし、
数々の可愛い仔犬を見るだけでも癒されます。わーい(嬉しい顔)



ニックネーム ひー at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひーのお出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

オベラ座の怪人

昨日とと10/3付のブログでも少しふれましたが、
アメ横のチケットショップで購入した
劇団四季のオベラ座の怪人を鑑賞して来ました。目
最前列センターブロックでの鑑賞は
学生時代のコンサート以来ン十年ぶり
干支が、2回りする位だと思います。
今年、宝塚の同じ原作のファントムも鑑賞しましたが、
御覧になった人はご存知でしょうが、
上演して間もなくステージ上のシャンデリアが、
客席上部へと上昇し第一幕の最後にステージ上へ落下したり、
手の込んだ小道具を観ても、
宝塚とは違った演出で感動が有り、
細かい表情も感じられ、
終演後場内は、スタンディングオベーション
で迎えとても感動をしました。わーい(嬉しい顔)
千秋楽が来年3/21に決定しています。
是非、ご覧になって観ては、如何でしょうか?
Dsc02070.jpg
(写真は、オベラ座の怪人パンフレット)

Dsc02072.jpg
(写真は、オベラ座の怪人のキーホルダー)


ニックネーム ひー at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひーのお出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

キャッツ2

傘を鞄の中から取り出そうと前の人との間隔が開き、
その時にTVカメラが有るのに気付きましたが、
他人事の様に脇を通ろうとすると…
カタコトの日本語で、
「インタビュー シテモ イイデスカ?」と
足を止められてしまいました。顔(え〜ん)
そのTVカメラは、韓国のTV局で、
キャッツを見た感想を詳しくアレコレと聞かれましたが、
通訳の人もお世辞にも日本語が余り上手いとは言えず、
言葉になっていないで、
意味が通じない部分も有り
この通訳さんは何を聞きたいのかを
考えながらのインタビューは大変でした。顔(汗)
一緒に行った友人もインタビューを受けましたが、
私と同じく大変だったと言ってました。

十数年前に地元のラジオ局の公開放送で、
インタビューを受けた事は有りますが、
TVは、初めてで、おまけに海外のTVとは
飛んだ初体験になってしまいました。
Dsc01934.jpg
(写真は購入したキーホルダーロゴが光に反応して光るのです)

その後、上野のアメ横で買い物し食事をしてから、
チケットショップへ立ち寄ったら、
千秋楽が決定したオペラ座の怪人の最前列のチケットが、
定価と3000円しか違わない値段で出ていたので、
思わず買っちゃいました。
operaza.bmp
ニックネーム ひー at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ひーのお出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

キャッツ1

昨日、すずのお散歩を終えて直ぐに、
キャッツを見に行きました。猫(笑)
どうせ見るならS回転席でと思いネットで、
席をGetしました。わーい(嬉しい顔)
開演ギリギリに滑り込んで
席に案内される時、
時間が無くステージの上をショートカットして
観客の注目を集めてしまいました。ふらふら
以前見た宝塚とは違い、
舞台からの息遣いや視線を感じられ、
360°中からの演出が有り
席が回転した初めから満喫出来ました。
演目が終わり、感動して余韻に浸りながら
人ゴミの中外へ出ると、外は雨・・・
この後思ってもいない事が・・・
続きは、次回にexclamation×2
Dsc01933.jpg

Dsc01938.jpg
(写真は、購入したキャッツのパンフレットとネックストラップ)
ニックネーム ひー at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ひーのお出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする